お手伝い。

こんにちは!

今回のモデルハウスはDIY精神のもと、いつもなら職人さんにお願いしている工事も可能な限り工務店のスタッフで行っています。竣工が間近ということで、普段あまり現場に縁のない自分も塗装や左官仕事等をお手伝い。職人さんが横で軽快に作業を進める中、こちらも見よう見まねで施工してみるのですが、なかなか上手くいかないもの。自分が触った場所と職人さんが仕上げた部分では、その仕上がりの差は一目瞭然。自ら経験してみて初めて分かる、職人さん達の技術力(腕)!

大和工務店の家はオール手作りの家、職人さん達の技が生きています!

・ ・ ・ ・ ・

本日は制作テーブルの「アイアンの脚」の塗装にチャレンジしました。仕上がりのイメージはちょっと使い込んだカスレ風な仕上がり!塗装職人さんのように”きれいに”仕上げなくてもいいので、不器用な自分にとってピッタリの仕事です。

DSC025620「使用したのは「ターナー色彩株式会社様製ミルクペイント」。水性で匂いも少なく、手軽にマットな風合いを実現できます。製品によってはひび割れ(クラッキング)塗装もできるみたいです。」

今回は下地色を刷毛でベタ塗りしてから、カスレ感を出すために最後は雑巾で叩くように塗装してみました。アイアン支柱&塗料と格闘すること数時間、汗だくになりながらもなんとか完成。

DSC025582DSC025502「不均一でどこか味のある?表情。今は浮いて見えますが、養生の下にあるマホガニーのフローリングと程よく馴染んでくれるはず・・・」

肝心の塗装前の写真を取るのをすっかり忘れていましたが、完成品はなかなかおもしろい感じに仕上がったのではないでしょうか?本当は下地を黒か茶色にして赤錆のような風合いを出したかったのですが、売り切れで用意ができず・・・。代わりにグレー色を使用しましたが、これはこれで悪くありませんね。

モデルハウスは来月9月23日にオープン予定です。当日はオープニングイベントを予定していますので、ぜひご家族で遊びに来てください!詳細が決まり次第HPのイベント情報に掲載していきます。

モデルハウス 9/23日オープン!

こんにちは。

大和工務店、本日より通常通りの営業となります、よろしくお願いいたします!

・ ・ ・ ・ ・

DSC023892さっそくですが、事務所の隣に建設中のモデルハウスのオープン日が9月23日(秋分の日)に決定しました!オープンハウス当日はオープニングセレモニーと称して様々なイベントを行う予定です。セレモニーの詳細な内容はまだ決定していませんが、詳しいことが決まり次第、HPのイベント情報に順次掲載していきますので、是非チェックしてくださいね!

コンパクトハウスモデルハウスのメインコンセプトは「中庭」。

モデルハウスには建物のコストを抑えながら敷地を最大限利用して、プライベートで心地よい中庭を創るノウハウがいっぱい!もちろん、住まい自体も今までにないちょっと変わったコンセプトのもとに建築中!9月23日のオープン日にはぜひ遊びに来てください!

 

<お知らせ>

大和工務店では現在スタッフ募集しております。詳細については「こちら」をご覧ください。やる気のある方のご応募をお待ちしております。

ラブラドールブルーが廃番に。

こんにちは

先日の「ドイツ最新建材内覧会」の後、オスモ&エーデルの営業の方が大和工務店に来社されました。そこでいろいろな商品についてお話を聞いていると、なんと衝撃の事実が判明

122_123@‘å˜aH–±“X^ŒäŽèô‚̉Æ03_ol_CS3「どんな素材にもしっかり馴染むラブラドールブルー色(天井)」

大和工務店のコーポレートカラーでもある、オスモカントリカラーのラブラドールブルー色廃番になるとのこと。つい先日も普段通り使用していたのですが、もう在庫分しか日本に無いようです。ラブラドールブルー色は塗ってみると意外に派手すぎず、落ち着いたちょうどいい色合いだったのですが・・・残念です。この地域では大和工務店が一番オスモカラーを使っているらしいのですが、大和工務店の使用量だけでは廃番を止めるに至りませんでした・・・。

・ ・ ・ ・ ・

しかし!オスモのスーパー営業マンO氏は、しっかりと代替プランを持ってきてくれました!

DSC02547どうでしょうか?左が今までのラブラドールブルー色、右が代替プランです。一見色の濃さ以外はほとんど同じ!。実はこの色、新色のダブブルーファーグリーンを一定の比率で調合したもの。O氏の努力により、なんとかこの一難?を乗り越えられそうです。

 

以下お知らせです。

大和工務店 夏季休業のお知らせ

8月13日(日)~16日(水)までをお休みとさせていただきます。(12日(土)は通常営業しております)

見学やプランの相談など事前にご連絡いただければ、上記期間もご対応させて頂きます。また、進行中の現場については各担当者が対応いたします。13日以降のお電話やメール等のお問い合わせについてはご返答が17日の営業日よりとなることをご容赦ください。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

スタッフ募集のお知らせ

大和工務店では現在スタッフ募集しております。詳細については「こちら」をご覧ください。

「各務原の家」お引渡しました!

こんにちは!

今日は久しぶりにブログのお客様履歴?(どんな方に読んでいただいているかの統計というのでしょうか)をチェックしていると、先日の4日からお客様の閲覧数が極端に伸びています。

「なんだろう・・・今までこんなに閲覧数が伸びることはなかったのに・・・」

不思議に思い原因を調べていると、なんと「ホントは安いエコハウスの著者である松尾先生ご自身がFacebook上で「大和工務店の書籍発売の記事」を紹介していただいていました。こんな片田舎の工務店のブログをどのような経緯で見つけて頂いたのか・・・、嬉しいやら恥ずかしいやら。

名称未設定 1「ご紹介いただき、ありがとうございます」

・ ・ ・ ・ ・

さて、先週の土曜日ですが「各務原の家」、無事にお引渡することが出来ました。

img0125848新居でのはじめての生活。一日過ごされたご感想は・・・「ログハウスの中にいるみたい!」

DSC024622各務原の家は板倉の住まい。床も壁も天井もすべての面が無垢材、木の柔らかさに溢れています。今はまだ白っぽい木々たちも時が経つにつれて周囲の素材に馴染み、飴色に輝きを増していきます

Y様、住まいの完成おめでとうございます&ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いいたします!

 

「最新ドイツの輸入建材内覧会in岐阜市」に行ってきました。

こんにちは!

先日ですが、オスモ&エーデル社様が開催されている「最新ドイツの輸入建材内覧会in岐阜市」に行ってきました。主催のオスモ&エーデル社はドイツの先進的な木材用自然塗料やフローリング、窓やブラインドを扱っている建材会社様。大和工務店では主にウッドステインプロテクターやフロアークリアーに代表される自然塗料を使わせていただいています。

DSC024982DSC025000「木部用自然塗料からドイツのフローリング、写真には無いですが樹脂サッシなんかも取り扱ってみえます」

今回、個人的に一番注目していたのは外付けブラインドの「ヴァレーマ」。製品を間近で見るのは実は初めて!説明をしてくれるオスモの営業様そっちのけでブラインドを上げたり下げたり回してみたり・・・。

DSC025010「ブラインドが上下するのはもちろん、羽根が回転して陽射しをコントロールできます。」

先日の「ホントは安いエコハウス」で初めて知ったのですが、なんとドイツでは外付けブラインド等で夏の日射に対する対策を行わないと建築許可が降りないのだとか。なぜこんな大掛かりな装置が必須になっているかというと、ドイツは夏でも日射の角度がキツイからです。軒を深くすればある程度日射を防ぐことができる日本と違い、夏でも日本の真冬並みの角度から容赦なく太陽光が室内に入ってきます。日本で言えば西陽が常に入ってくるようなもの、庇や軒の出で対処しようがないのです。

DSC001380「ドイツ:バッドビルベル住宅展示場の1棟。すべての窓に外付けブラインドが。日本よりも涼しいと思われがちなドイツですが、夏は日本と変わらないぐらい暑い!」

DSC003790「こんな時代を感じさせる住まいにも、窓の外にブラインドがついています」

エコハウスの設計において躯体の断熱性能がある程度の性能まで達すると、最後に物を言うのは日射のコントロールです。室内にブラインドを付けただけの状態では約60%の輻射熱が入ってきますが、外付けブラインドにすると約20%に抑えられます。日本でも庇の効果が薄い西側の窓や、日射の遮蔽がしづらい大開口に大きな力を発揮します。ちょっとお値段はしますが是非一度採用したい商品ですね。:)

待望の書籍「ホントは安いエコハウス」が発売!

こんにちは。

ここ数日暑い日が続いていますね、まさに夏本番と行った模様。今日は自分がよく参考にさせていただいている建築家の先生が本を出されたということで、その書籍をご紹介。一般的な間取りやデザインの本ではなく「省エネ住宅」についてまとめた本です。(今日はあまり面白くない内容かもしれません・・・)

・ ・ ・ ・ ・

先月の21日に発売された書籍「ホントは安いエコハウスがやっと手元に届きました。内容はエコハウス設計のための手引書。著者の松尾先生は実際に設計事務所「松尾設計室」を主宰する建築家でもあり、ご自身の経験と理論から導き出された省エネ住宅の設計作法や熱的な計算など、住まいを設計する上でとても参考になります。

DSC024922今回発売された「ホントは安いエコハウスは、プロ向けの建築雑誌「日経ホームビルダー」に3年間連載されていたものをまとめて加筆修正されたもの。松尾先生のブログにも書かれているように多くの建築従事者が一冊の本にまとまるのを心待ちにしていたと思います。まさにエコハウス設計のバイブルと言えるでしょう。

DSC024912かくいう自分も日経ホームビルダー本誌をせっせとカラーコピーしてはスクラップブックにしていました。建物の配置や窓の位置などちょっとプランに迷ったときなど、原点に立ち戻るためにいつも手元に置いてありました。

DSC024952「記事が一冊の本にまとまり、知りたい部分が探しやすくなりました。図解も多くとても丁寧な解説書です:)」

「ホントは安いエコハウスは省エネ建築分野の専門書ですが、一般の方が読んでも十分参考になるよう、非常に分かりやすくまとめられています。エコハウスに興味にある方、ご一読されてはどうでしょうか?

各務原の家 もうすぐ完成!

こんにちは!

お引き渡し間近の「各務原の家」、現場検査に行ってきました。

各務原市は岐阜の中心部や名古屋方面へのアクセスが良く、緑あふれる大きな公園や学校がたくさんあり、今子育て世代にとても人気の地域。しかし、市内の多くの場所が市街化を抑制するよう法律で決められていて住宅を建てられる部分が限られています。そのため各務原の住宅街は都市部の住宅街のように密集していることが多く、今回の「各務原の家」もそんなちょっと密集した住宅街に建っています。

kakamigaharanoie01今回、大和工務店が施主のY様に提案したのは2階LDKの住まい。十分な広さを持つ敷地の場合にはあまり提案することはないのですが、今回のように庭を確保しずらい比較的小さな土地や、周りに建物が密集しているような場所では、抜群の心地よさを発揮します。

DSC024622「通常の1.5倍の奥行きをとった広めのバルコニーがリビングと一体になって、室内を一段と広く感じさせます。これだけスペースがあればアウトドアリビングとしても活用できそうですね!」

Y様邸2階LDKプランはまさにぴったり、「コンパクトでも大きく住める」快適な住まいが完成しました!

上棟しました!

こんにちは!

先日になりますが、コンパクトでも大きく住める家「大外羽の家」上棟しました!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

初めは離れのリフォームを検討されていた施主のI様。しかし若干古くなった離れにしっかりした断熱性と耐震性を持たせるには、やはり工費が割高になってしまいます。様々な検討の末、I様は同時に提案していた新築を進めていくことを決断されました。

「大外羽の家」は大屋根形式の2階建。大きさは25坪弱ながらも勾配天井を活かした大きな吹き抜けや、南面の約3.5mもある大きな開口など、窮屈さを感じさせない工夫がいっぱいの「コンパクトでも大きく住める家」です。リビングから外を見れば、2間の大開口を通して心地の良い風景がどこまでも続きます。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

雨が降ったり降らなかったりと天候の不安定な日が続いていましたが、上棟当日は狙ったように好天に。お施主様と棟梁、そして工事に関わる全員が工事の安全を祈願し、いざ上棟開始!

IMG_38172「棟梁と一緒に建物の四つ角にお神酒と塩を捧げ、上棟と建築、そしてこれからの家族の安全を祈願します。」

IMG_38282「お昼を過ぎた頃から快晴に!大工さん達が手際よく屋根を造っていきます。」

IMG_38402「日が暮れる頃には無事上棟を終えることが出来ました。皆様暑い中ありがとうございました!」

 

いろいろな思いの詰まった「大外羽の家」、I様上棟おめでとうございます!「一つづつ丁寧に」仕事を勧めていきます。

 

住まい訪問:可児偏

数日前の事になりますが

今年初夏にお引越しされましたお宅を訪問してきました。

ちょうどご主人も仕事がお休みで久しぶりにお二人とお会いする事が出来ました。

家具などが入ってどんな内観になったかなー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

早速キッチンをはさんで、ご夫婦をパシャリ!!A0

B0

 

設計のお打合せ中においては、お二人共お仕事が忙しくなかなか日程を合わせるのが

大変でしたね。今となってはそれも懐かしく思えます。そういえばダイニングの照明

器具は奥様が購入されましたね。

ダイニングT

 

 

左の器具です。

ステキ

 

ダイニングからリビングをパシャリ

C0

バックのパイン材も若干あめ色に変わり完成時よりおちついた感じで

アイアンの手摺りもこの内観にマッチしてる

全て木で造るよりキリッとして私は好きです

ちなみに白い壁は全館漆喰壁を採用しました

洗面に入り込んでパシャリ

D0

造り付家具のミラー収納のまわりをモザイクタイルで納めてみました。

左のパイン框戸にはステンドグラスが納まっていていい感じです

奥様の夢が叶ったのではないかと思います

今回の訪問ではご夫婦の笑顔が何よりうれしかったです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バスツアーを企画してみたいなーその時はどうぞよろしくです。

設計チーム:H

「これから家づくりをスタートする方応援!」資金計画セミナー開催しました!

こんにちは!

先日の7月9日に「これから家づくりをスタートする方応援!」資金計画セミナー開催しました!(もう2周間近くも前ですが・・・。)

DSC023922セミナー当日は5組の方にご参加いただきました。講師は大和工務店でいつもお世話になっている、FP(ファイナンシャルプランナー)の座馬さん。ライフプランから住宅贈与、難解な住宅ローンの仕組みまで、オリジナルの資料と自身の家造りの経験を踏まえ、軽快なトークで分かりやすく講義が進みます。

セミナーの中で座馬さんは、「無謀な資金計画について」や「家族にもしものことがあって、返済に窮した場合の対処方法」など、量産型住宅メーカーのFPなら避けるような話題もしっかりと話してくれます。世の中には「企業の立場に立ったライフプラン」を強引にすすめるFPが多い中(全ての人がそうではありませんが・・・)、こうした「お客様の立場に立ったライフプラン」をしっかりしてくれるのが座馬さんの資金計画セミナーの人気の秘密です。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

セミナー終了後はいつものように希望される方に個別の面談をお願いしました。その中である一組のご夫婦は「今日は何も用意がないから・・・」と消極的だったのですが、いざ個別の面談が始まると、座馬さんは短時間の会話のやり取りから、ものの数分で家計の問題点を正確に洗い出していきます。

お客様はもともとある程度の資金計画はされていたのですが、一部家族の中でも正確に把握しきれていない部分が残り、マイホームの夢に及び腰になっていました。しかし座間さんとの面談が終わり、帰りの際には「最初はお話するかどうか迷ったけれど、話を聞いてもらえてよかった」と資金計画の手応えを掴んで帰路につかれました。


ライフプラン・・・言葉では簡単ですが実際にやってみるとけっこう大変なもの。正確な資金計画・ライフプランにはお金に関する幅広い知識が必要です。今回も大変好評を頂いた「座馬ファイナンシャルプランナーの資金計画セミナー」ですが、近いうちに次回の開催を予定しています。詳細が決まりましたらHPのイベントに告知していきますのでお見逃しなく!