社内検査に行ってきました。

こんにちは!

今週23()・24()日「コンパクトHOSUE」オープンハウス開催します!肝心のお天気ですが、週間天気予報では昨日まで雨予想だったのが、今日確認したら曇りマークに変わっていました。なんとかこのまま天気が保つといいのですが・・・。

・ ・ ・ ・ ・

今日は以前ブログでご紹介していた鉄骨造の事務所・倉庫の工事が完了したとのことで、その社内検査に行ってきました。

DSC027630「倉庫でもデザインにはこだわりが。屋根の破風を薄く見せてスタイリッシュに。」

DSC027740「いつもの木造の住宅とは全く異なるこの大空間!まさに鉄骨の建物といった感じ」

この開放感、短辺方向で8mもある空間を柱無しで実現できるのは鉄骨造ならでは。これだけ広ければ倉庫県事務所として使い勝手は十分です。


開放感と言えば・・・、最近のお客様は皆一様に住まいに開放感を求められます。もちろん新しく建てる住まいが狭いより広いに越したことはありませんが、あまりに広すぎる空間はどこか落ち着きがなく、不安になるものです。

「住まいには十分な開放感も必要ですが、ちょっとした狭い場所も必要です」

飲食店や電車の座席が隅っこから埋まっていくように、人間はちょっと狭く・囲まれている場所が実は好きだったりします。そういう場所はやはり落ち着くもので、まさに本能とも言える感覚です。大和工務店ではプランを作るときには開放的な空間づくりも心がけていますが、ちょっとした落ち着ける場所、通称「たまり空間」を造ることも大切にしています。それは、リビングからちょっと奥まった和室であったり、書斎であったり、趣味室であったり・・・。そういった「たまり」があるからこそ住まいの開放的なリビングが際立ち空間にメリハリが生まれ、より素敵な住空間になるのです。

170429_150「リビングに面した和室は絶好の”たまり”空間」

和室「建具やスクリーンでリビングと緩く仕切れば、部屋の使い方の幅も広がります」

「第3回構造塾」に参加してきました。

こんにちは!

9月に入り朝晩がだいぶ過ごしやすくなってきました。日中は相変わらずですが、段々と秋の足音が近づいているのが分かります。:)

DSC026390「大和工務店のシンボルツリー:欅の木。秋になると一斉に葉が落ちはじめ、掃除が大変なことに。これ程大きくなると、毎日焼き芋パーティーができるぐらい落葉します。」

・ ・ ・ ・ ・

今日は東海木造住宅協会様が主催している「構造塾」を受講してきました。構造塾は地域の住宅ビルダーが「より丈夫な住まいづくり」の手法を学ぶための実務者向けの講習会。今回はその第三回目となります。

kouzoujuku01「前回は遅刻ギリギリで後方からの受講でしたが、今回は余裕をもって到着、最前列を確保!」

開始間際になると会場は地域の工務店や設計事務所の関係者でほぼ一杯に。講習に参加される方々は皆「お客様により丈夫な住まいを提供したい」と心を同じくする仲間たちです。:)

今回は「構造部材の設計」ということで、主に住宅の骨格である「木」についてのお話。講義では一般的な”構造計算”の話も出てきますが、構造計算自体は本を読んだり計算ソフトを使用すれば誰にでもできるもの。「構造塾」では、そこから一歩踏み込んで木材の特性(含水率や収縮率、伐採の方法に至るまでetc・・・)から、強い骨組みを作り出すための架構の注意点や現場における構造材料の補強方法など、実務に直結するお話が中心となります。自分も「木」に関しては勉強しているつもりでしたが所々勘違いしていることもあったりして、今回の構造塾もとても有意義なものとなりました。

講習会は新しい知識の習得と共に、自らの思い込みを見直すきっかけにもなります。第四回の構造塾は一月飛んで11月の開催、次回もどんなお話が聞けるのか、とても楽しみです!

・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・**・゚゚゚゚・*☆

9月23()・24()大和工務店「コンパクトHOUSE」見学会を開催します!

詳細が決まり次第、ブログやHPにてお知らせしていきますのでお楽しみに!

☆。。。。・*・。。。。・*・。。。。☆☆。。。。・*・。。。。・*・。。。。☆☆。。。。・*・。。。。・*・*・゚゚゚゚・*☆

完成検査&OPEN HOUSE

こんにちは

今日は来週末にOPEN HOUSEを予定している「段下の家」の社内検査に行ってきました。

段下の家は土台と柱に東濃桧、梁には長良杉、1階の床板には無垢の桧フローリングと地元岐阜の木々をふんだんに使った岐阜県産材の住まいです。明るく発色の良い桧と素朴な色彩を持つ杉は一緒に使っても驚くほど相性がよく、落ち着きがありながらも明るい素敵な住まいとなりました。今月末の見学会で皆様に見ていただくのが楽しみです!

DSC020292

「工事はほぼ終わり、残すは車庫スペースと板塀のみ。ガルバリウム鋼板と美しいモルタルの白い壁、そしてオレンジ色に塗装された高断熱気密のスウェーデンドアがちょうどいいアクセントになっています。」

DSC020372

「郡上の白鳥林工さんで作ってもらった唐松の無垢カウンターテーブルもいい味を出していますね;) 」

「段下の家」5月27(土)28(日)に完成見学会を行います!見学会のご予約は不要となっていますので皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください!当日は東邦ガスさまよりガスコンロの使用体験ができるキッチンカーも来場予定。高火力のガスコンロで焼いた美味しいスモールピザを試食して頂けます。「段下の家」見学会の詳しい場所や日時の情報は「こちらから」

ご来場、心よりお待ちしております!

 

 

家具選びはムズカシイ!

こんにちは!

スェーデンの家具量販店IKEAがもうすぐこの東海地方にオープンします!

IMG_5498

「去年に現地で撮ったIKEA長久手の工事現場。現在工事はどこまで進んでいるのでしょうか?」

住まいのインテリアの良し悪しはそこに置かれる家具に大きく左右されます。(参考:家具を入れる前と入れた後) 北欧デザインに代表されるYチェア等の素晴らしい家具を置けば、それだけで室内全体のクォリティが上がるのですが、ホンモノはいかんせん高いんですよね・・・。いいものは高いとわかっていても、無い袖は振れないもの。

IKEAは北欧発祥の家具量販店。販売されている家具は比較的低価格で気軽に北欧テイストを取り入れられるのがなによりのいいところ。日本の大型家具量販店もいくつかありますが、北欧の色使いやデザインを取り入れるなら、やっぱりIKEAですね!

ikeakoube1

「日本にはないおしゃれなキッチン。一つ一つはお値打ちなのですが、トータルで揃えてみると結構いいお値段がするようです。」

ikeakoube2

「フロアライト・スタンドライトの安さにびっくり!日本のメーカーのものはどれもお高め」

IKEAの商品全体の品質は価格相応なのですが、中には「このつくりでこの値段!?」というような掘り出し物もあり、そんな掘り出し物を目当てに広大な店内を練り歩くだけでも楽しいもの。IKEA長久手のオープン、楽しみですね!

実験小屋稼働中。

こんにちは!

以前ご紹介していた大和工務店の屋上実験小屋が完成し、現在様々な環境下での温度湿度を測定するべく頑張っています。


~製作風景~

koya1

「断熱工事中の様子。小面積を指定した厚さで吹き付け断熱するのは、なかなか技術のいる作業のようです。」

koya2

「現場で余った板金で外装を作ってもらいます。」

koya3

急造の為、格好良くはありませんがひとまず完成!世間から離れて一人になりたいロンリーな気持ちになったときには、中にはいって引きこもることも可能です;)

koya4

中には明かり+発熱機器として白熱灯と加湿器、そして計測用の温湿度ロガーを設置。明かりは暗くなったら自動点灯するようにして、一日の生活環境を再現します。いざ測定スタート!

koya5

「夜になると窓が怪しく光ります:)」

実際に温度を測定すると、内断熱と外断熱の違いがよくわかります。一般的に言われる「外断熱は温度変化が少ない」という特徴が顕著に現れます。温度に関しては予測通りでしたが、今回一番驚いたのは結露を発生させる水蒸気の動きです。通常では予測しないような場所に結露が・・・。

こういった実働実験をすると、温度や水蒸気等の目に見えない物を机上の計算だけで予測することの難しさを改めて実感させてくれます。今後まとまったデータが取れたら再度ご報告していきたいと思っています。それでは!

・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*☆

今日明日の二日間、 ステンドグラスの家完成見学会を開催しています。

見学のご予約不要なので、お気軽にお越しください:)

ステンドグラスの家見学会の詳細は「こちら」から。

☆。。。。・*・。。。。・*・。。。。☆☆。。。。・*・。。。。・*・。。。。☆☆。。。。・*・。。。。・*・・。。。。☆

後藤木材「活木フェア」に行ってきました!

こんにちは!

今日は後藤木材さんで開催されている「活木フェア」を覗いて来ました。後藤木材さんは県下最大級の木材屋さん、銘木のフローリングや地元の杉材を活用した家具等、木材にまつわる面白い商品が多数展示されていました。DSC01545

「杉材を活用した自分で作る小屋キット。お庭と時間に余裕があればいかがでしょうか:)」

広葉樹のフローリングも多数展示。広葉樹フローリングと言えば「カバザクラ」が価格的にも根強い人気を誇っていますが、最近は「アカシア」の人気が出始めているそう。

DSC01530

DSC01533

File_000

最後の写真が「アカシア」のフローリング。値段も手頃で自然塗料で仕上げるとチークに似ているのが人気が出てきている理由とか。たしかになかなかいい色合い!

今日は普段あまり見ることができないような木材がたくさんあって、買う予定がないのに長時間会場内をウロウロしていました。木は樹種によって多彩な表情があり、いつまで見ていても飽きない不思議な素材ですね。

・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*

3月の18(土)・19(日) ステンドグラスの家完成見学会を開催します。

見学のご予約不要なので、お気軽にお越しください:)

ステンドグラスの家見学会の詳細は「こちら」から。

☆。。。。・*・。。。。・*・。。。。☆☆。。。。・*・。。。。・*・。。。。☆☆。。。。・*・。。。。・*・

薪ストーブ

こんにちは

冬の暖房の主役はファンヒーターやエアコンといった家電ですが、薪ストーブがある生活というのなかなか魅力のあるものです。

DSC01487

工務店内にも薪ストーブがあり、エアコンと併用して活躍しています。一般的に薪ストーブは燃料である薪を入手することが結構面倒&費用がかかるのですが、工務店なので燃料である木材には事欠きません。

現場で出た端材をそのまま捨ててしまえば、ただの産業廃棄物となってしまいますが、持ち帰って薪として使用すすれば、暖房になる上に処分費もかからず一石二鳥!工事現場から引き上げてきてはせっせと焚べていきます。

DSC01492

大和工務店の薪ストーブは国産・石村工業製のCRAFTMANというシリーズのストーブ。ペレットも使うことができるタイプですが、工務店ではひたすら薪を燃料としています。CRAFTMANの上部には湯沸かし部があり、3時のおやつ時になると誰かが焼き芋を作ったり、お餅を焼いたり、甘酒を温めたり・・・、そんな緩やかな日常の景色の中心に薪ストーブがあります。

DSC01488

揺れる炎を見ていると、ウトウトと眠ってしまいそう・・・

温かいストーブの前でゆらゆらと揺れる炎を見ていると、なぜかとても穏やかな気持になります。人にとって「火」とは今も昔も変わらず「特別なもの」なのかもしれません。

3/18(土)・19(日) ステンドグラスの家 完成見学会を行います!

こんにちは!

来月の3/18(土)・19(日) ステンドグラスの家 完成見学会を開催します。

nagomi1

ステンドグラスの家「和工房」はステンドグラス作家であるお施主様のアトリエ兼住まいです。玄関入ってすぐの工房はDAIWA板倉工法を活かした木の空間、住まいの方は色鮮やかに彩られたステンドグラス照明が映えるレトロモダンな空間と、一つの住まいで全く異なった雰囲気を併せ持つ、見ごたえのある住まいです。

ステンドグラスの家は住まいの性能にもこだわっています。壁の断熱は「外断熱+付加断熱」のW断熱工法!ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)の外皮性能基準を大きく上回る断熱性能を実現しました。さらに、「DAIWAオリジナル床暖房システム」の採用でエアコン一台で足元から暖かく快適な住まいとなりました。

nagomi2

”エアコン一台で快適な住まい”をぜひ体感しに来てくださいね!

まだ地名地番がナビやGooglmeMapに反映されていないため、それらを利用してお越しになる予定の方はご注意ください。今後ホームーページの”イベント情報”に詳しい地図や、順路を掲載していきますので、当日のお出かけ前はぜひチェックしてくださいね!

武芸川見学会

ホームーページのイベント情報に詳しい地図を掲載予定です!

「小屋。」つくってます

こんにちは!

いま大和工務店の屋上では今年春発売を目指して、外断熱+高性能樹脂サッシ完備、外皮性能Ua=0.5・隙間相当面積C=1.0以下の次世代型犬小屋、「DAIWA・Q1犬小屋ハウス」の試作型を製作中・・・・・。

DSC01422

快適な犬小屋つくります!現場監督と大工さんの共同作業。

というのは冗談です・・・・(スミマセン)。何を造っているのかというと、断熱性能や壁内の結露を検証するための小型の実験棟です。様々な断熱材を比較検討するため、それぞれ異なる仕様の実験小屋を2棟つくっています。

次々と新しい断熱材が現れる今の時代、商品カタログのみを信用してお客様に提案を行っていては不誠実、「なんでもためして本当に良いものを確信を持ってご提案する」ことが必要だと思うのです。

DSC01429

というわけで今日の工事はここまで。後日、断熱や外装をつくっていきます!

みんなの憧れ、左官仕上げ

こんにちは!

住まいを計画するにあたっての最大の関心事はやはり”間取り”なのですが、それと同じくらい頭を悩ませるのが各種仕上材です。

「壁は自然素材の塗り壁がいいな」

大和工務店で住まいを計画されるほぼ全ての方が、初めは塗り壁を希望されます。珪藻土・漆喰、いいですよね・・・、あの独特なテクスチャーは何者にも代えがたい憧れの仕上げです。ただし、職人さんが手間ひまかけて仕上げるこの方法はやはり高価で予算が合わず泣く泣くクロスに・・・というようなことがよくあります。

161105_25

「写真では分かりにくいですが・・・珪藻土特有のゆらぎが魅力的!」

「左官仕上げは高価な仕上げ・・・」だったのですが、ここ最近塗り壁のニーズに合わせるように価格が比較的こなれた塗り壁材料が登場してきました。今日はその内の一つ、珪藻土と漆喰を混ぜ合わせた「ハイブリッド塗り壁材」を試し塗りしてみました。

とりあえず、なんでも実際に試してみるのが大和流。合板と木材の端材でイーゼルをつくり、プラスターボードをキャンパスにして、職員が実際に塗って使用感を確かめます。

DSC01404

新しいことは何でも試してみるのが大和流。慣れない手つきで材料を混ぜ合わせます「なんかお菓子つくっとるみたい(笑)」

DSC01412

「あ、結構塗りやすいねこれ!よく伸びる」

DSC01417

「骨材も小さいから、落ち着いた仕上がりになるね」

DSC01446後日完全に乾いて真っ白になった塗り壁材。うーん、なかなかいい感じ!これなら皆様にご提案していけそうです;)