モデルハウス 9/23日オープン!

こんにちは。

大和工務店、本日より通常通りの営業となります、よろしくお願いいたします!

・ ・ ・ ・ ・

DSC023892さっそくですが、事務所の隣に建設中のモデルハウスのオープン日が9月23日(秋分の日)に決定しました!オープンハウス当日はオープニングセレモニーと称して様々なイベントを行う予定です。セレモニーの詳細な内容はまだ決定していませんが、詳しいことが決まり次第、HPのイベント情報に順次掲載していきますので、是非チェックしてくださいね!

コンパクトハウスモデルハウスのメインコンセプトは「中庭」。

モデルハウスには建物のコストを抑えながら敷地を最大限利用して、プライベートで心地よい中庭を創るノウハウがいっぱい!もちろん、住まい自体も今までにないちょっと変わったコンセプトのもとに建築中!9月23日のオープン日にはぜひ遊びに来てください!

 

<お知らせ>

大和工務店では現在スタッフ募集しております。詳細については「こちら」をご覧ください。やる気のある方のご応募をお待ちしております。

ラブラドールブルーが廃番に。

こんにちは

先日の「ドイツ最新建材内覧会」の後、オスモ&エーデルの営業の方が大和工務店に来社されました。そこでいろいろな商品についてお話を聞いていると、なんと衝撃の事実が判明

122_123@‘å˜aH–±“X^ŒäŽèô‚̉Æ03_ol_CS3「どんな素材にもしっかり馴染むラブラドールブルー色(天井)」

大和工務店のコーポレートカラーでもある、オスモカントリカラーのラブラドールブルー色廃番になるとのこと。つい先日も普段通り使用していたのですが、もう在庫分しか日本に無いようです。ラブラドールブルー色は塗ってみると意外に派手すぎず、落ち着いたちょうどいい色合いだったのですが・・・残念です。この地域では大和工務店が一番オスモカラーを使っているらしいのですが、大和工務店の使用量だけでは廃番を止めるに至りませんでした・・・。

・ ・ ・ ・ ・

しかし!オスモのスーパー営業マンO氏は、しっかりと代替プランを持ってきてくれました!

DSC02547どうでしょうか?左が今までのラブラドールブルー色、右が代替プランです。一見色の濃さ以外はほとんど同じ!。実はこの色、新色のダブブルーファーグリーンを一定の比率で調合したもの。O氏の努力により、なんとかこの一難?を乗り越えられそうです。

 

以下お知らせです。

大和工務店 夏季休業のお知らせ

8月13日(日)~16日(水)までをお休みとさせていただきます。(12日(土)は通常営業しております)

見学やプランの相談など事前にご連絡いただければ、上記期間もご対応させて頂きます。また、進行中の現場については各担当者が対応いたします。13日以降のお電話やメール等のお問い合わせについてはご返答が17日の営業日よりとなることをご容赦ください。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

スタッフ募集のお知らせ

大和工務店では現在スタッフ募集しております。詳細については「こちら」をご覧ください。

「最新ドイツの輸入建材内覧会in岐阜市」に行ってきました。

こんにちは!

先日ですが、オスモ&エーデル社様が開催されている「最新ドイツの輸入建材内覧会in岐阜市」に行ってきました。主催のオスモ&エーデル社はドイツの先進的な木材用自然塗料やフローリング、窓やブラインドを扱っている建材会社様。大和工務店では主にウッドステインプロテクターやフロアークリアーに代表される自然塗料を使わせていただいています。

DSC024982DSC025000「木部用自然塗料からドイツのフローリング、写真には無いですが樹脂サッシなんかも取り扱ってみえます」

今回、個人的に一番注目していたのは外付けブラインドの「ヴァレーマ」。製品を間近で見るのは実は初めて!説明をしてくれるオスモの営業様そっちのけでブラインドを上げたり下げたり回してみたり・・・。

DSC025010「ブラインドが上下するのはもちろん、羽根が回転して陽射しをコントロールできます。」

先日の「ホントは安いエコハウス」で初めて知ったのですが、なんとドイツでは外付けブラインド等で夏の日射に対する対策を行わないと建築許可が降りないのだとか。なぜこんな大掛かりな装置が必須になっているかというと、ドイツは夏でも日射の角度がキツイからです。軒を深くすればある程度日射を防ぐことができる日本と違い、夏でも日本の真冬並みの角度から容赦なく太陽光が室内に入ってきます。日本で言えば西陽が常に入ってくるようなもの、庇や軒の出で対処しようがないのです。

DSC001380「ドイツ:バッドビルベル住宅展示場の1棟。すべての窓に外付けブラインドが。日本よりも涼しいと思われがちなドイツですが、夏は日本と変わらないぐらい暑い!」

DSC003790「こんな時代を感じさせる住まいにも、窓の外にブラインドがついています」

エコハウスの設計において躯体の断熱性能がある程度の性能まで達すると、最後に物を言うのは日射のコントロールです。室内にブラインドを付けただけの状態では約60%の輻射熱が入ってきますが、外付けブラインドにすると約20%に抑えられます。日本でも庇の効果が薄い西側の窓や、日射の遮蔽がしづらい大開口に大きな力を発揮します。ちょっとお値段はしますが是非一度採用したい商品ですね。:)

待望の書籍「ホントは安いエコハウス」が発売!

こんにちは。

ここ数日暑い日が続いていますね、まさに夏本番と行った模様。今日は自分がよく参考にさせていただいている建築家の先生が本を出されたということで、その書籍をご紹介。一般的な間取りやデザインの本ではなく「省エネ住宅」についてまとめた本です。(今日はあまり面白くない内容かもしれません・・・)

・ ・ ・ ・ ・

先月の21日に発売された書籍「ホントは安いエコハウスがやっと手元に届きました。内容はエコハウス設計のための手引書。著者の松尾先生は実際に設計事務所「松尾設計室」を主宰する建築家でもあり、ご自身の経験と理論から導き出された省エネ住宅の設計作法や熱的な計算など、住まいを設計する上でとても参考になります。

DSC024922今回発売された「ホントは安いエコハウスは、プロ向けの建築雑誌「日経ホームビルダー」に3年間連載されていたものをまとめて加筆修正されたもの。松尾先生のブログにも書かれているように多くの建築従事者が一冊の本にまとまるのを心待ちにしていたと思います。まさにエコハウス設計のバイブルと言えるでしょう。

DSC024912かくいう自分も日経ホームビルダー本誌をせっせとカラーコピーしてはスクラップブックにしていました。建物の配置や窓の位置などちょっとプランに迷ったときなど、原点に立ち戻るためにいつも手元に置いてありました。

DSC024952「記事が一冊の本にまとまり、知りたい部分が探しやすくなりました。図解も多くとても丁寧な解説書です:)」

「ホントは安いエコハウスは省エネ建築分野の専門書ですが、一般の方が読んでも十分参考になるよう、非常に分かりやすくまとめられています。エコハウスに興味にある方、ご一読されてはどうでしょうか?

展示場完成まであとすこし!

こんにちは!

DSC023892展示場建設もいよいよ大詰め!そろそろ展示場の中に入れる家具を決めなくてはいけません。展示場のコンセプトは「コンパクトでちょうどいい」住まい。手の届きやすい価格でオシャレな家具をということで、今回はIEKAで一部の家具と雑貨類を揃えることにしました。

* * * * * * * *

ということでIKEA神戸まで買い出しに出発!当日は今にも雨が降りそうな微妙な天気・・・。早朝からトラックを飛ばし到着したのは10:30でした。平日のオープン直後なのにすでにお客様がたくさんいます。

ike2599848「IKEAに来るとなんだかワクワクします。近場のIKEA長久手が一番いいのですが、オープンは10月だそうです。」

欧州での勤務が長い方にIKEAの海外での評判を聴くと、「値段相応」のイメージなのだとか。けれど、ここ日本においてスカンジナビアデザインの家具を低価格でたくさん揃えられるのは大きな魅力です。

ike002584「選んだ商品は自分で揃えるのがIKEA流」

ike28497「注)とても楽しそうですが仕事中です」

家具を選びはとても楽しいのですが、IKEAの店内が広すぎて最後はもうくたくた・・・。岐阜に帰ったのは日を跨いだ深夜でした。

「構造塾」に参加してきました!

こんにちは!

昨日ですが東海木造住宅協会様が主催している「構造塾」を受講してきました。「構造塾」はその名の通り、丈夫な住まいづくりを目指すプロ向けの講習会なのですが、通常の講習会とはちょっと違います。

kouzoujuku0「今回は第二回目。前回よりも大幅に受講生が増えました :)」

普通の構造講習会では、「大量にある計算式をテキストに従ってひたすら読み進める」という流れ作業のような内容が一般的。しかし、構造塾では「建物がどのような力を受けて変形するか」といった構造計算の本質的な部分から「より丈夫な住まいを作るための数値には現れないテクニック」等を中心に講義が進みます。特に後者の”テクニック”の部分が大変ためになります。

今の時代、構造計算自体は環境さえ整えば誰でもコンピュータでサクッと計算できてしまいますが、住まいの性能はそれが全てではありません。”耐力壁の配置の仕方や、丈夫な床の作り方”など、ちょっとした設計上の気配りが丈夫な住まいづくりには必要です。

全5回の「構造塾」、東海木造住宅協会加盟工務店はなんと無料で受講ができます。東海木造住宅協会さん太っ腹ですね。次回はどんなお話が聞けるのか、いまからとても楽しみです;)


7月9日()「これから家づくりをスタートする方応援!」資金計画セミナーを開催します。イベントの詳細は大和工務店HPの「イベント情報」よりご覧いただけます。

今回のセミナーでは複雑な住宅ローンの仕組みから、税金や控除・補助金等の住まいに関するお金の話をわかりやすく皆様にお伝えします!これから住まいづくりをはじめる方、具体的な資金計画を始めようと思っている方、住まいづくりに悩みをお持ちの方、誰でも歓迎!お気軽にご参加ください。

今日から通常営業となります。

こんにちは!

GWが空けて本日から大和工務店も通常通りお仕事となります。

さて、少し前になりますが大和工務店がいつもお世話になっている住宅雑誌様の取材がありました。取材では全体の構成や文章を考えてくださるライターさんとプロのカメラマンさんを招き、お施主様にインタビューしたり、紙面を飾る写真をさまざまな角度から撮影してもらいます。

ライターさんと営業の岡崎さんがお施主様と和やかにおしゃべりしている中、写真担当の自分はカメラマンさんにしつこく付きまとい、後ろからあーだこーだとリクエストしていました。(毎度すみません)

DSC018478

「プロのカメラマンさんが撮影している後ろから撮影。なるほど、こうすればいい写真が取れるんですね、勉強になります!」

DSC018828

「リビングと和室の仕切りに、淡いブルーのスクリーン。こういう仕切り方も面白いですね:)」

取材は若干時間がかかりましたが納得の行く写真もバッチリ取っていもらい終了。今回もどんな誌面ができるのかとても楽しみです、ライターさんカメラマンさん、ありがとうございました。そして、お休みの日にもかかわらず取材を引き受けてくださったN様、本当にありがとうございました。雑誌が完成したらまた持っていきますね! ;)

・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*

5月の27(土)・28(日)関市「段下の家」完成見学会を開催します。

詳細については「大和工務店イベント情報」を御覧ください。

見学のご予約は不要ですので、お気軽にお越しください :)

☆。。。。・*・。。。。・*・。。。。☆☆。。。。・*・。。。。・*・。。。。☆☆。。。。・*・。。。。・*・

sanwacompanyショールームに行ってきました。

こんにちは!

先日ですが名古屋にあるサンワカンパニーさんのショールームへ行ってきました。

sanwa01

サンワカンパニーさんは一般の人達には馴染みの薄い会社さんですが、海外デザイナーのおしゃれな洗面機器から輸入タイル、はては建具・キッチンまで扱っている総合住設メーカーさんです。

サンワカンパニーさんには、タイルや洗面ボウル等でいつもお世話になっているのですが、今回施工中の物件ではじめてサンワさんのキッチンを入れるということで、色合いや詳細な仕様を確認するためにお邪魔してきました。

sanwa04

「”クビレキッチン” 天板の下のくびれ部分は様々な色に変えられます。」

sanwa02

「今回導入予定の無印さんとのコラボ商品。本物のウォールナットの突板を使った面材とてもGOOD」

sanwa03

「無印さんのオリジナル商品も取り扱われています。とてもカッコイイですが使うには若干の勇気と覚悟が必要かも・・・」

他にもオールステンレスやシンプルさを追求したキッチン等があり、サンワカンパニーさんの商品は全体的にスタイリッシュでスマート。日本の大手住設機器メーカーの商品に満足できなかった方は、一度検討されていはいかがでしょうか?価格が明朗でわかりやすいのもポイントです!

Paoloのリゾット

Paoloのリゾット 一宿一飯  代表・玉井・旅日記より 20170321 

3月19日当社「ステンドグラスの家見学会」の朝、8時過ぎふと家の前の公園へ散歩に、と、自宅すぐ前に自転車の白人の男が何かモソモソ…。
「What`s the problem?」 「No, nothing」イタリア人だった。
結果、散歩は中止、当家中庭で見知らぬイタリアンと妻の3人でモーニングコーヒーとなった。

名前はパウロ、39才、イタリア・ヴェローナの警察官、昨年10月に1年間予定の旅に出て、南米パタゴニヤから日本へ。
現在日本で15日目、福岡からフェリーで釜山の予定らしい、ソウルで中国へのビザ取得、フェリーで中国へ渡航、モンゴルからシベリア縦断?だそうだ。

「ワイフ?妻はいるけど、NO、ノー」こんな旅に同行する筈は、勿論ない。
「夕べのホテル?」前の公園にテント泊「ワーオ!寒くなかった?」
日本人とは考え方が随分違う、面白い!

やがて小生、ステンドグラスの家でのお客様との約束の時刻。
「もう行かなきゃ…」 「今日は日曜日なのに何で働くの?」とパウロ。
「そ、それは…」 一旦お別れ、夕方5時集合でパウロも自転車でどこかへ。

パウロは5時キッカリに姿を見せ、泊まっていく事になった。本場イタリアのリゾットを作るというんでスーパーへ、家に戻りキッチンで調理、生米からなので結構時間がかかった。

「東京?ウウーン、only one day」大都市にはあまり興味はなさそう。
「パタゴニヤを自転車で?」「風が凄いんで本当に疲れた」
「南米、特にヴエノスアイレスやサンチャゴ、大都市は危険、テントも張れない、携帯でウカウカ電話していたら後ろからのかっぱらいチームの餌食になってしまう」等々話は尽きない。

パウロの写真をラインで知人に送ると、小生の同級生・武藤氏から「パウロと話したい」の連絡、10時過ぎに4人での会話となった。
武藤氏は無類の“イタリア狂い”今年の夏もサルディニヤへの個人旅行を企んでいるようで情報入手に余念がない。
パウロも武藤氏も話好き、武藤氏のお陰で小生も英語から解放されホッと一息、武藤氏の英語の方が小生より“1日の長がある”ようにも思えた。いや失礼!
IMG_6595

「アレッ!もうとっくに12時過ぎ…」小生ご無礼で先に就寝、二人はまだ会話していた。

翌朝小生がPGAゴルフ中継を観ているとやがて二人が起きてきた。武藤氏は2階ベッド、パウロは一階和室から起きてきた。「むしろ暑いくらいだった、これと同じ家を建てようかな」と武藤氏。パウロは「寝袋はやっぱり背中が痛くて」和室は随分気に入った様子だった。

この日は「旗日」小生も“安息日”でパウロの自転車を後部座席を半分倒したハリヤーに押し込み、後ろの席に妻の結果3人で彦根城見学へ。
夕刻、長浜で別れたが…その夜は結構な雨、大丈夫だったのか、やや心配でよく寝られなかった。

IMG_6604

2016 さくら道国際ネイチャーラン 4.16~17 開催されました。

さくら道国際ネイチャーランは名古屋城から関市大和工務店を通過して金沢兼六園までの250kmを一昼夜かけて走るウルトラマラソンです。
今年は17日AM8:30(道八割ぐらい?)に強風の為、途中で中止になりましたが。
超人ランナーたちが大和工務店の前を走り去って行きました。

上島学さん 会えてよかった。
IMG_6505

IMG_6581

IMG_6582

IMG_6523

20160419104712-0001

さくら道国際ネイチャーラン 応援団 土屋健志