皆のトイレを使いやすく!トイレ改修工事その2

こんにちは

今日は学校トイレ改修現場の社内検査に行ってきました。以前一度ブログでもご紹介していた工事ですね。(以前の記事は「こちら」から。)

お昼の掃除の時間が終わり、みんなが午後の授業に入った頃を見計らって検査をスタート。工事が全て完了しているか、不具合はないかを職員3人で時間をかけて検査をしていきます。

公共工事の完成時に一番気をつけることは、造ったものを使用した人が安全であること。仕上がり具合がキレイなことももちろんですが、怪我をしない&させないことが大切です。検査ではトイレのパーテーションや扉の角など、怪我が発生しやすい部材と部材の取り合いを、それぞれ手で直接触りながら確認していきます。

DSC028330「床と床との見切りにあるステンレスの部材も触って確認!」

人間の触覚は五感の中でも軽視されがちですが、「最小13ナノメートルの凹凸パターンを区別できるほど繊細」なのだとか。今回も見た感じでは綺麗に仕上がっていても、実際触ってみると引っかかり(バリ)のある部分を発見!そのままにしておけば怪我の原因にもなります。検査後しっかり補修!

P00000250DSC028320「湿式の床から乾式床へ。掃除もしやすく清潔です」

校舎内のトイレは明日の市役所の方との立会検査で合格すれば、ようやく学校のみんなに使ってもらうことができるようになります。今までトイレの度にちょっと遠くまで行っていたお友達も、あとちょっとでいつものトイレが使えるようになります!

 

・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・*・*・゚゚゚゚・*・゚゚゚゚・*☆・**・゚゚゚゚・*☆

10月28()・29()「おおきなテラスのある住まい」完成見学会開催決定!

今回の「おおきなテラスのある住まい」予約制の見学会となっています。詳しくは大和工務店ホームページ「イベント情報」に掲載していますので、是非チェックをお願いいたします。

皆様のご来場をお待ちしております!

☆。。。。・*・。。。。・*・。。。。☆☆。。。。・*・。。。。・*・。。。。☆☆。。。。・*・。。。。・*・*・゚゚゚゚・*☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です