本格手打ちそば
「京都有喜屋 和蕎庵」様
『朱の間』OPEN!!

2014年4月2日

『朱の間』オープン!!おめでとうございます!!
IMG_3563

22名様の宴会にも対応できて、間仕切りのスクリーンを下ろすと6名様の個室になります。
IMG_3578

お昼時はとてもたくさんのお客様、さっそく朱の間も満席に。
IMG_3650

ヘルシーで満足感たっぷりのコースメニューはもちろん、アルコールやコラーゲン入りのノンアルコールカクテルなども豊富なので、“蕎麦宴会” “個室で蕎麦女子会”なんていかがでしょうか?夜はライトアップされてしっとり良い雰囲気です。
IMG_3664

お昼だけでなく、夜もぜひ足を運んでみてくださいね!

京都有喜屋 和蕎庵(わきょうあん)
0575-28-7378
岐阜県関市小屋名西屋敷103-2
営業時間 [昼]11:30~15:30 [夜]17:00~21:00
定休日 火曜日毎週火曜日(火曜が祝日の際は翌日になります)
和蕎庵HP

過去の記事
基礎工事
上棟
完成
完成2

和蕎庵の基礎工事の様子

和蕎庵の基礎工事の様子です。

12月3日に基礎のベースのコンクリートを打った時の動画です。

13㎜の異形鉄筋が20㎝ピッチに組まれて所に一気にコンクリートを打ちます。
コンクリートが硬すぎると作業性が悪く、隅々まで入っていきません。また柔らかすぎると強度が足らなかったり、水とコンクリートが分離したりします。生コンにもいい塩梅が必要です。

ミキサー車3台分の生コンを一台のポンプ車によって配っていきます。コンクリートの流れる配管を持っている人はリモコンでポンプの先を移動しながら自分も移動していきます。
移動するときに地面から浮いている鉄筋を崩さないようにそっと移動します。

強い基礎    大和工務店

和蕎庵「朱の間」上棟しました。平成25年12月24日   快晴

和蕎庵わきょうあん「朱の間」上棟しました。平成25年12月24日   快晴

待ちに待った和蕎庵「朱の間」が上棟しました。
この快晴の空が和蕎庵の「朱の間」増築を応援しているようです。
IMG_0469朝7時から準備にかかってAM9:30には登り梁が架かりました。

IMG_0463「朱の間」では古材の丸太を使用します。
これは各務原にあった築105年の庄屋の家を大和工務店が解体した時に残しておいた丸太梁です。
建築に使われて100年以上の年月が経っているのでアバレも少なく安心して使う事が出来ます。

88

105年物の丸太の古材を3本使用しました。

平成26年4月2日 (水)  「朱の間」オープンします。
hyousi
設計  土屋健志
管理  尾添圭司
棟梁  早田大工

9番座敷ならお蕎麦を食べながら施工現場の様子が分かります。     大和工務店

和蕎庵 朱の間 増築工事 始まります。

和蕎庵 朱の間 増築工事 始まります。
わきょうあんさんは大和工務店より156号線を車で2分北上した所の創作そばがいっぱいあるお蕎麦屋さんです。

この度、和蕎庵さんと今月ご契約ができ、増築工事を施工させて頂く事となりました。

今回は店主古川さんと大和工務店土屋のこだわりがいっぱい詰まった、お店になる予定です。
今回のお店のテーマは「朱の間」「しゅのま」  蕎麦のこね鉢に使っている色で食事を美味しくしてくれる色でもあります。
この朱色をお店の中のいろんな所で使いながら「お客様に感動を」与えられるように造ります。

平成26年4月2日 「朱の間」OPEN
和蕎庵HP

設計 土屋健志
店舗建築  大和工務店