大和工務店
057-528-2361

LINE UP

Line Up

  1. トップページ > 
  2. ラインナップ > 
  3. 自由設計住宅『DAIWA BASIC』

自由設計住宅『DAIWA BASIC』


様々な要望に対応可能なベイシックスタイル

様々な要望に対応可能な大和工務店の基本スタイルの家です。それぞれの土地の特性を見極め、お客様の要望と予算をじっくり勘案した上で、それぞれの暮らしにフィットするオリジナルの住まいを提案します。

大和BASIC

1.コンセプト

Concept 1  敷地の可能性を引き出す設計

  1. 日当たりはいいけど視線が気になる、交通の便はいいけど狭い・・・。多くの土地はメリットとデメリットを内包し、すべてにおいて納得のいく満点のものは少ないでしょう。大和工務店では設計者自身がお客様の敷地に立ち、五感の全てを働かせ、その土地の持つ潜在的な可能性を見極めプランに取り掛かります。
    日当たりや風景がいい場所には大きな窓を、視線が気になるところには塀や壁をつくり外部と内部の関係をコントロールする…。建物が敷地の良い部分をさらに伸ばし、悪い部分を補うよう計画すれば、どんな土地でも家族が穏やかに、そして心地よく暮らせる住まいを造ることが可能です。

Concept 2  丈夫で美しく、末永く愛される木の家。

  1. 大和工務店は、様々な外的要因から家族を守るシンプルで丈夫な構造をもち、末永く愛されるような普遍的で美しい家を創りたいと考えています。いくらハイセンスで気に入ったデザインの家ができたとしても、夏の強い日差しが室内に容赦なく照りつけるような家や、断熱が疎かにされ凍えるような寒さの家では不合理です。一方で確かに冬暖かく夏涼しい家ができたとしても不格好な魅力のない外観では自らの住まいに誇りを持てず、せっかくの家を粗末に扱う原因になりかねません。構造・デザイン・素材・温熱環境それぞれが共存する住まいが良い住まいなのです。
2.DAIWA BASIC 標準仕様

SPEC 1  断熱工法

  1. 標準 外張り断熱工法
    高性能なボード断熱材で家をまるごとすっぽりと包みます。躯体の外側に断熱材があるため、熱橋や断熱欠損がおきにくく壁内結露の心配も少ない構造体にも住む人にも優しい工法です。
    外張り断熱工法
    オプション ウレタンフォーム吹き付け工法
    予算や建設地によっては高性能な吹き付けの断熱も行っています。ウレタン吹付け断熱は吹きつけたウレタンが膨張し隙間を防ぐため結露のおそれが少ない工法です
    ウレタンフォーム吹き付け工法
    ダブル断熱工法
    外断熱と内断熱を同時に行う工法です。それぞれ単体では行えない厚い断熱層を造ることができ、非常に高性能な住まいを可能にします。
    ダブル断熱工法

SPEC 2  窓

  1. Low-Eペアガラス仕様樹脂サッシ
    樹脂サッシはアルミサッシや複合サッシと比べ非常に熱抵抗に優れています。使用する窓の種類によっては、標準でLow-Eペアガラス仕様に加えてアルゴンガスが封入されたより高性能なサッシを使用しています。
    サッシ
    木製サッシ・大開口アルミサッシ
    住宅には、必ずインテリアのキーとなる開口部が存在します。そんなポイントとなる部分には、大きな開口を可能にする大型のデザインサッシやスウェーデンから輸入された超高性能な木製サッシ(トリプルLow-Eガラス+アルゴンガス入り)を活用した家造りをしています。
    サッシ

SPEC 3  屋根 / 天井の構造

  1. 斜天井 厚板登り梁工法( オリジナル工法 ) &厚板縦張り工法( オリジナル工法 )
    迫力ある登り梁に、厚みのある長い無垢板を使って天井を造る工法です。無垢板の映えるダイナミックな斜天井となります。また、小屋裏部分にロフトを設置することで空間の有効活用が可能です。
    斜天井
    水平天井 梁表し水平天井工法
    垂木を用いた従来型の屋根を造り、室内の天井は梁と無垢板を表しにした工法です。小屋裏は普段あまり使わないもの等の収納場所として活用可能です。
    水平天井

SPEC 4  内壁構造

  1. 大壁工法 平滑でスッキリとしたモダンな内観となります。また、海外の住宅のようなドレッシーな空間にもよくマッチします。 大壁工法
    DAIWA真壁
    ( オリジナル工法 )
    日本の伝統建築でもよく使われる構造体の柱を表した仕上げですが、極力柱を隠すことにより、和のイメージを持ちながらスッキリとしたモダンな内観を実現します。 真壁
    DAIWA板倉
    ( オリジナル工法 )
    面材の代わりに厚く長い板を柱に打ち付けてより丈夫で粘り強い壁をつくります。打ち付けた板は、そのまま仕上がりとなりログハウスのような木に包まれた心地よい空間となります。 板倉
3.DAIWA BASICの性能

DAIWA BASICの、住まいの省エネルギー性ついて、

省エネルギー性 断熱性能等級 4 以上
    

断熱性 断熱性能等級 4 以上

  1. 改正省エネ基準では、岐阜県の多くの地域が「地域区分6」に属し、UA値(外皮平均熱貫流率)0.87以下、ηA値(冷房機の平均日射取得率)2.8以下が求められます。この数値を満たす住宅は省エネに優れた住まいとされ、政府による様々な優遇策 ※1 を受けることができます。 大和工務店の「DAIWA BASIC」は特別なオプションなしの標準仕様で、上記の目標値である断熱性能等級4(断熱等性能等級の最高等級)クリアしています。

    ※1 省エネ住宅ポイント制度 フラット35の金利優遇 相続税の大幅免除等

    
実例 works

最新の事例をご紹介します。

平成27竣工 関市の家 (現在建築中)

熱的性能(Q値) Q値=1.5[W/m²K]
耐震性 耐震等級 3 相当
・工法 在来軸組工法2階建 水平梁厚板露し工法+パイン板倉
・建築面積 70.56m² ・1階床面積 58.87m² ・2階床面積57.96m²
・延べ床面積 116.83m²(約35.3坪)

温熱性能計算表

部位 断熱仕様 部位面積
A[m²]
熱貫流率
U[W/m²K]
熱損失
A・U・H[W/K]
外皮熱損失
A・U・H[W/K]
天井 カネライトフォーム 90mm 57.97 0.276 16.010 16.010
外壁 フェノバボード 60mm 127.42 0.277 35.350 35.350
SKフォームN40 90mm 51.65 0.396 14.312 14.312
床B - 3.31 2.238 5.185 5.185
玄関等の基礎 - 3.00 - 8.694 8.228
開口部 木製サッシ&樹脂サッシ 29.04 - 44.538 44.538
換気 換気回数 0.5回 293.14 - 51.300 -
熱損失合計 175.39 123.62
延床面積 / 外皮表面積 115.93 272.39
熱損失係数 / 外皮平均熱貫流率 1.513 0.454

関市に住むご家族のための新しい住まいです。以前の家は30年前に当社が建てさせて頂いたお住まいですが、部屋の数が多すぎるなど現在の生活スタイルに合わなくなったこと、昔の断熱基準で建てられた家はどうしても「夏は暑く冬は寒い」こと等から、建て替えを決心され、2度目の家造りのパートナーとして再度「冬暖かく夏涼しい家」を標榜する大和工務店にお声を掛けていただきました。
お施主様のご要望は、木のぬくもりを持ちながら暑さ寒さから開放された安心で快適な住まい。
新たな住まいは1・2階共、板倉の無垢板いっぱいの木の家。温熱環境にもこだわり、断熱性に優れたDAIWA板倉+各部位の断熱を大和工務店の標準仕様から若干UPさせ、Q値1.5を達成した高性能な住まいです。(工務店の標準仕様の状態でのQ値は1.7)

関市の家

関市の家

 
4.様々なスタイル

Style 1 現代民家スタイル

    • 現代民家スタイル
    • 現代民家スタイル

Style 2 BOXスタイル

    • BOXスタイル
    • BOXスタイル

Style 3 DAIWAモダンスタイル

    • DAIWAモダンスタイル
    • DAIWAモダンスタイル